激安のぼり店は、東京と大阪で値段が違う?

激安のぼり店は、普段からギリギリの価格で勝負しています。

そのうえネットの時代なので地域格差は存在しません。

どうすればお得になるかを考えましょう。

■ネットの時代に地域格差は存在しない。

基本的に現代はネットの時代ですから、激安店でも東京と大阪で値段が違うということはありません。

また激安店に直接行って注文する人の数より、ネットでオーダーして済ます人の数が多いので、お店がどこにあっても差をつけにくいのが現状です。

価格では差がつけられないので、通常配送・のんびり配送とかフルカラー・色限定とか、サービス面で差をつけている店があります。

激安でも専任のデザイナーがついてくれるところもあります。

■同時開催しているイベントを上手に活用。

激安店でさらに安さをゲットしたいのなら、激安店が同時開催しているイベントをうまく活用しましょう。

たとえばのぼりに使う竿や重石(注水)などを、フェア期間中にセットでオーダーすると20%引きとか30%引きになることもあります。

のぼりの発注枚数を増やすと、それだけで安くなるので一考してみましょう。

のぼりは3カ月が寿命の目安なので、替えとして多めに発注する手もあります。

■激安のぼり店の価格に、東京や大阪などエリア別の格差はありません。

セールやフェアを利用して安さを倍加させましょう。

激安店にもセールやフェアがあります。

それをうまく活用すれば、全体として2割引~3割引の値段にはなります。

安さばかりを追い求めるのはどうかとも思いますが、まとめ買いで安くなるぶんには品質に影響されないので良い方法です。