メモ書きでも受付けてくれる、のぼりの激安店って?

激安店でありながらメモ書きからでも受付けてくれる店があるなら、それに越したことはありません。

最終的に激安になるのかどうか、そこまで考えて注文しましょう。

■メモ書きOKで激安というのは生き残り戦略。

のぼり専門店であっても価格競争に勝つために、いろいろなサービスを付加しています。

そのうちの1つが「メモ書きでもOK」という激安システムです。

本来は専任のデザイナーがいて、客のデザインやのぼり制作の意図を汲み取るのが普通ですが、そういうお店が生き残るために、「メモ書きからでも激安で受付けるサービス」を開始しました。

その意味では良心的です。

■結局は激安でないが質の良い仕上がりの店。

激安といっても、いわゆる専門店が激安に乗り出した上記のようなお店は、安さにも限界があります。

人件費がかかっており、入念なチェック、仕上がり確認など、時間や手間暇がかかっているからです。

結果、激安とうたっていても激安にはなっていないケースがあります。

利用者と価格のことでトラブルになることもあるようですが、そこは理解してあげないと良質なのぼり店が世の中から消滅してしまいます。

■安くてデザインやデータ作成もフルサポート。

そんな都合のいい激安店はありません。

高くても完璧がいちばんです。

安く作りたいのは理解できますが、メモ書きからでもOKというキャッチフレーズに惹かれてしまうようなら、激安店は諦めましょう。

現在検索しているお店で、“激安でもメモ書きから”というショップがあるなら、それがベストの選択かもしれません。

のぼり旗は高いといっても、たかが知れています。