電気主任技術者とは?

電気主任技術者とは、発電所や変電所、工場、ビルなどの受電設備や配線など、電気設備の保安監督の仕事をする人のことです。

特殊な技術を持っている電気主任技術者は社会的にも重視されているため評価も高いです。

電気設備を置いている事業主は、工事、保安、運用などの保安監督者として、電気主任技術者を選び、従事させなくてはならないという法令が義務付けられています。

では電気主任技術者には、3種類の資格があるのでそのことをご説明いたしましょう。

まず第一種電気主任技術者は、すべての事業用電気工作物を扱えます。

第二種電気主任技術者は、電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物を扱えます。

第三種電気主任技術者は、電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物を扱えることになります。

この試験は、第一種と第二種試験は、一次試験と二次試験がありますが、第三種は一次試験のみとなります。

一次試験は理論、電力、機械、法規の4科目になります。

科目別合格制なので有効期限の3年間を使って勉強することができます。

第二次試験は、電力・管理、機械・制御の2科目あり、科目別合格制度はありませんが、一次試験合格年度に不合格でも翌年度は一次試験が免除されます。

それで三種からチャレンジして、ステップアップすることができるでしょう。

◇参考サイト》電気主任技術者の求人・転職 | 建設・設備求人データベース